尺貫法、、、、と広さの単位

こんにちは!

長さの単位や広さについてUPしたいと思います。

みなさんが普段の生活で使う長さの単位、cm、m、km(メートル法)がいっぱん的だと思いますが、、、、、

建築の現場、特に木造の現場では尺(尺貫法)をよく使います。
(職人さんにはその方が伝わりやすいですし、木造住宅は尺貫法を基準に間取りが作られています)

これをメートルに直すとこんな感じです。
1尺・・・・・303mm
1寸・・・・・30.3mm(一寸法師はこの大きさ約3cm)
1分・・・・・約3mm
1間・・・・・1820mm(正確には1818mm)


ただ、現場でお客さんと話をする時に尺貫法では、伝わりにくいので、cm、m単位で話しをするようにしています。
職人さんと話をする時は、尺貫法と言う感じで使い分けています。


広さを表す時も、屬諒僂錣蠅膨擇鬚茲使います。

1坪は上に書いた1間x1間(1820x1820)約3.3屬箸覆蠅泙后ただこれだと大きさのイメージわかないですよね。
わかりやすく言うと、畳2枚分です。
畳の大きさならだいたい想像つくと思いますので、これならわかりやすいのではないでしょうか!


最後に賃貸の物件を借りたい時などに、覚えておくと便利『部屋の帖数の求め方』を紹介したいと思います。

・部屋の面積(m2)を計算、坪に変換して、2で掛ける

例えば3.5mx5mの部屋を畳何帖になるか計算してみます。

1、部屋の面積、タテxヨコをはかる計算する(3.5mx5m=17.5)

2、部屋の面積を坪に変換  
  17.5孱0.3025=5.29坪

3、2で掛ける(上にも書いたように1坪が畳2枚分なので)
  5.29坪x2=10.58帖
  
という感じになります。


設計室en
メール:a.kazuono56@gmail.com
HP:
http://planning-en.com