府中市『のぞみの家』完成

4月から工事がはじまり、5月に上棟した。府中市『のぞみの家』が完成しました。

延床面積23坪とコンパクトな住宅です。

化学物質化敏症のお客さんなので、今回新建材等の合板等を使っていない住宅となりました。

外部でも構造用の面材が使えないので、建物の耐力は木づり+筋交いで確保し、断熱材はウールブレスを採用しました。

【ウールブレス・・・シックハウス対策に有効な浄化能力と結露対策に最適な調湿機能を持った自然素材の羊毛断熱材】

水道の配管はステンレス、バルコニーの防水も金属防水を採用しました。


外壁はそとん壁と杉の板張り。


ポーチの床はシンプルにモルタルの金ゴテ仕上げ

内部の床は厚さ3cmの杉板で、2階は踏み床天井としました。

【踏み床天井・・・2階の床と1階の天井仕上げをかねる仕様です】

内部の壁は左官仕上げ、自然素材のシラス壁ビオセラを使いました。


近日中にホームページにもUPできたらと思います。


建物は少し小さく造って、出来るだけ内部の間仕切りを減らした空間をオススメしています。

少し小さく(考えておられる大きさより2坪程度)造って、そのお金で無垢のフローリングやビニールクロスを左官仕上げに変更したり、断熱材のグレードUPなどをしてはいかがでしょうか。
その方が満足いく建物ができるように思います。
小さくした分、敷地にも少し余裕ができ、木を植えたり、デッキを作ったり、小さな家庭菜園をやったり、いろいろ楽しめるのではないでしょうか。
その方が生活が豊かになるようにも思います。


設計室en おのかずなが
メール:a.kazuono56@gmail.com
HP:http://planning-en.com

コメント