『理(ことわり)の家』外観

3月に引渡しをした『理(ことわり)の家』

 

外観は全面板張りの家

お客さんから色をあまり付けたくないとの事でウッドロングエコを今回は使いました。

 

・ウッドロングエコ

木材防護保持材で、塗る事で木の表面を酸化させ、腐朽菌が入りにくくなると言うものです。

 

 

板は横張りで、今回は板と板を重ねて張る鎧張りです。

コーナーも上手く納めてくれました。

 

まわりの景色と調和した外観になったように思います。

 

 

設計室enでは、、、、、

『少し小さい家をオススメしてます』
考えている大きさより、少し小さくまとめ、そのお金で壁をビニールクロスから、左官仕上げに変えたり、断熱材の性能をワンランク上げたり、薪ストーブを入れたりするのはいかがでしょう。
 小さくした分、敷地にも少し余裕ができ、木を植えたり、広めのデッキを作ったり、小さな家庭菜園をやったり、いろいろ楽しめるのではないでしょうか。
その方が生活が豊かになるようにも思います。

埼玉県飯能市 設計室en おのかずなが